ケント シューブラシ


英国靴好きなら靴ブラシも英国製にこだわりたい

気に入りの靴を自身で手入れしながら、末長く大切に使うというのが英国流。シューケア用品も英国製にこだわりたいものです。とくに、靴ブラシは“こだわれる”道具として、靴好きたちに注目されているアイテムです。

9代にわたり英国王室御用達を授かるケントのブラシ
ケント シューブラシそして、その筆頭がここでご紹介のケントのブラシです。ケントは1777 年、ウィリアム・ケントによってロンドンに設立された靴や毛髪、洋服用ブラシのメーカーです。創業当時のジョージ3世(即位1760年〜1820年)の時代から現在のエリザベス2世の9 代にわたりロイヤルワラント(王室御用達)メーカーとして「英国最高のブラシ」を作り続けています。

美しいブラシを使えば靴の手入れはもっと楽しくなります
ケント シューブラシ写真の靴ブラシもケントが手掛ける逸品。ハンドルには風合いに富むヨーロッパ産のブナ材が使われ、ブラシには豚毛が採用されています。毛が少し硬めでコシのある豚毛は、『靴クリームを伸ばす』『余分なクリームを取り去る』『ツヤを出す』 のに最適です。 見た目がかっこいいだけでなく、使い勝手もいい、英国の伝統が実感できる極上ブラシ。これで愛用靴をブラッシングすれば、シューケアがとても楽しくなりますよ。


 

ブランドで探す