ブラシ集合

シューケアブラシ − 使い方・選び方
本格的なシューケアを楽しむブラシ術
靴のお手入れに欠かすことのできない道具といえば、靴ブラシです。 ブラシといえば「埃を払う」や「頑固な汚れを擦り取る」というイメージですが、「払い」「クリームのならし」「艶出し」など広い用途で活躍する基本のアイテム。こちらのページでは、ブラシの役割、バリエーション、選び方についてご紹介します。

靴のお手入れは、まさにブラシで始まりブラシに終わります。(1)ホコリや泥を落とす、(2)クリームを全体にまんべんなく伸ばして革に馴染ませる、(3)表面に残っている余分な靴クリームを取り除く、(4)ツヤを出す。本格的なお手入れはほとんどのシーンでブラシを使います。

毛の素材には馬毛、豚毛、化繊のものがあり、それぞれの毛の特徴で使うシーンも異なります。サイズも大・中・小に加えて、クリーム塗布や靴底専用などのバリエーションがあります。用途に応じて使い分けましょう。さらに、毛の長さ、ハンドルのフォルムの違いも使いやすさが変わってきますので、ぜひ自分の好みにベストマッチなものを目的別に揃えてください。

小さなブラシ集合

埃を払うには革を傷めないように柔らかい毛質の馬毛ブラシが好まれます。毛が少し硬めでコシのある豚毛はクリームを塗り広げ、靴にクリームを馴染ませる、余分なクリームを取るとい使い方が適しています。スエードシューズの基本のお手入れ=埃払いにもおすすめです。化繊のものは全体の艶出しにおすすめです。

馬毛ブラシの大きさは適度に大きい方が取り扱いやすく、なめらかなブラッシングができて便利です。大きいサイズのブラシでブラッシングをすればお手入れシーンの気分も上がります!クリームを使う豚毛ブラシは小ぶりのものを、クリームの色ごとに揃えると便利です。その際は白毛のブラシを使うとクリームの色の使い分けが分かりやすく便利です。

最後に、使い込んだブラシはすぐに処分せず、出かける前にササッと使いましょう。これまでのお手入れで毛に含まれたクリームの油分が適度なツヤを与えてくれます。

最近はブラシの毛、ハンドルともに高品質の天然素材を使い、デザインも高級感があるものも多くあり、ブラシにこだわる人も増えています。ぜひ、BOQオンラインショップでお気に入りを見つけてください。そして靴に限らず、生活まわりのお手入れにも積極的にブラシを使ってみてはいかがでしょうか。




種類別ブラシ一覧ページへ
  • ジュリアーノ・マッツォーリ
  • ケント シューズブラシ

モバイルショップ