アビホーン シューホーン

天然素材を手仕事で生かした美しい工芸品
アビホーンのシューホーン

ヨーロッパの洋品店のアクセサリーとしてよく見かけるのがAbbeyhorn(アビホーン)です。自然の色と独特の光沢感に、そこはかとなく色気が漂うのがファッションを愛する人々に長く愛され続ける所以だと思います。持てばモノへのこだわり感を主張しつつ、装いも落ち着いた洗練された印象になりアクセサリーとして見栄えがするのも魅力です。


アビホーン シューホーン

ウォーターバッファローホーンの加工メーカー、アビホーン社が英国の湖水地方に近いカーンフォースに創業したのは1749年。260年以上経った今も、変わらない製造方法でひとつひとつ手作業で丁寧に作られています。シューホーンをはじめファッションや身だしなみ、デスク周りのアクセサリー類、スプーンやカップなどの食器類など幅広いアイテムが作られているようです。

アビホーン シューホーン

天然素材ならではのしっとりと手に馴染むような優しい風合いのシューホーンは、足入れもしやすく、軽くて丈夫。毎日使いこむことで風合いに味もでてきます。絶妙なカーブは、形を切り出した角を踵にフィットして使いやすいように熱を加えて加工していくため、ひとつのシューホーンを仕上げるためには大変時間がかかるそうです。仕上がったシューホーンは、色合いもたった一つだけの美しい艶となめらかなカーブを合わせ持った逸品。英国の伝統工芸を素材の個性でお洒落に愉しめる、モノ好きの心を満たすアイテムです。


 

ブランドで探す