ロイドルームチェア イメージ

一本のワイヤーから始まった伝説
英国育ちのロイドルームチェア
誕生から1世紀。英国の数々のプレミアムシーンで採用されてきたロイドルーム。
欧米の人々を魅了した歴史に名を残すこのチェアは、世界中に多くのファンを持ち、アンティーク市場でもコレクターズアイテムとして取り引きされています。

どんな空間でも自然の暖かみと優しさを表現してくれるデザインは、現在もスタイリストからの評価が高く、国内外のお洒落なインテリア誌に度々登場しています。


アメリカが生んだ革新的な技術と、英国が育てた気品
ロイドルームチェアは、1917年にアメリカ人のマーシャル・B・ロイド氏が伝統的な藤家具の製法に改良を重ね、紙とワイヤーから作るまったく新しい家具製法を考案したのが歴史の始まりです。この画期的な製法はフレームとファブリックを別々に作ることができるためバラエティ豊かなデザインを次々と生み出すことを可能にしました。

創業時の製造風景

1922年に英国のW・Lusty&Sons社がロイドルームのライセンスを取得し、独自のロイドルームの製造に取り組みました。当時の英国はヴィクトリア様式のインテリアが主流で紙とワイヤーの家具の普及は大きな冒険でしたが、ガーデンファニチャーにはじまり、ウィンブルドンのロイヤルシートや豪華客船、飛行船、そして鉄道会社London and North East Railwayのホテル全館で採用されるなど実績を重ねながら、そのインテリア性も認められるようになり伝統と品格を重んじる英国でも成功を収めました。
英国W・Lusty&Sons社の商標プレート

20世紀初頭のロイドルームチェア使用風景


籐家具を改良した技術が適えた、美しさと機能性
籐に見える素材は、固くよりあわせて防水加工をしたクラフトペーパーをスチールワイヤーに巻きつけ、機械で織り上げたものです。芯のスチールワイヤーには防水・防錆加工がされ、さらに折れたり、ひびが入ったりしないように完全密封加工が施されています。ささくれやフレームのきしみ、そりなどの変形がなく、湿気にも強いのが特長です。強さ・美しさ・感触の良さをみごとに調和させた素材です。

ペーパーコード

この素材を生かし、美しい曲線で表現したクラシックでエレガントなスタイル。このデザインがロイドルームチェアの特徴と言えます。均一で美しい編み目は、しなやかでやさしい掛け心地を生むとともに、何れのデザインも座面が広くゆったりとし、背もたれのしなやかさも心地良く、長時間座っても疲れません。夏でも蒸れずにサラッとしてとても快適です。安定感のあるデザインながら軽く、移動も楽です。

ロイドルームチェア

ロイドルームチェアはカラーバリエーションも豊富に対応でき、好みのカラーにペイントしてお届けします。 長く使い続けるとペイントが剥がれ、味わい深く、愛嬌のある表情に育ちます。経年変化を愉しんだり、リペイントをしながら長くお使いいただけるのもコレクターアイテムとして永く愛される所以です。

カラーバリエーション

どんな空間にも馴染む、洗練されたデザイン
居心地の良い空間にチェアはとても大切です。ソフトな曲線と優しい編み素材のロイドルームチェアなら、なごみの雰囲気を与え、洗練された空間を醸し出します。リビング、ダイニング、ワークスペース、ベッドルームに。またバスルームやテラスなどの狭いスペースでもコンパクトに収まります。

確かなストーリーとこだわりを持ちながらもリーズナブルな価格を実現したロイドルームチェア。飽きずに長く愛用できるチェアを探している人におすすめしたい逸品です。

 

 

ロイドルームチェア イメージ

ロイドルームチェア イメージ

ブランドで探す