シャルル エ シャルリュス工房でのバッグ製作風景がYouTubeでご覧いただけます。


フランスのエスプリ漂う実用バッグ
シャルル エ シャルリュス
シャルル エ シャルリュスのバッグは、素材・作りともに高い品質とフランスの感性あふれるエレガントなデザインが特徴です。クラシックなスタイルを研ぎ澄ましたシンプルなフォルム。シンプルとはいえ、しっとりとした柔らかなレザーの風合いが使うほどに持つ人の個性とライフスタイルに馴染むのが最大の魅力です。

フランス工房へのオーダーを承ります
流行にふりまわされることなく長く使え、ユニセックスで使える実用的なデザイン。着こなしのアクセントになる見栄えの良いバッグ、それとも自分のライフスタイルに合う実用性のバッグか。これといったバッグに巡りあわない、と悩んでいる人にぜひおすすめです。

シャルル エ シャルリュス

(写真左)品の良さが漂う、しなやかレザーのクラッチバッグ / シュリンクレザー 42,120円、カーフ 44,820円
(写真右)普段使いに最適な万能トートバッグ / シュリンクレザー 84,240円、カーフ 89,640円


シャルル エ シャルリュス

(写真左)トートとショルダーどちらにも使える2WAYバッグ / シュリンクレザー 96,120円、カーフ 100,440円
(写真右)斜め掛けしても美しく、使いやすいショルダーバッグ / シュリンクレザー 71,280円、カーフ 74,520円


レザーアイテムの聖地ピレネー山脈沿いに創業
1975年、シャルティエ氏により創業されたフランスのバッグブランド、シャルル エ シャルリュス(Charles et Charlus)。バッグブランドには馬具作りからスタートしたという例が少なくありませんが、シャルル エ シャルリュスもまた、馬具作りからその歴史を始めました。ブランド名の『シャルリュス』とはフランス語で馬具屋を意味しています。

スペイン国境ピレネー山脈一帯

スペイン国境ピレネー山脈一帯は深く続く森林地帯から湧き出す水資源が豊かな地域です。その水を求めて昔から多くのタンナーが集まり、今でも一流タンナーやバッグブランドの本拠地が点在しています。シャルル エ シャルリュスもこの山脈沿い、フランス南西部の町グロウエに工房を構えています。「バッグ作りは革選びから」を旨とする同ブランドが、この地に工房を構えた理由です。

シャルル エ シャルリュス工房

高級メゾンにも供給するタナリーの革を採用
シャルル エ シャルリュスでは、同じくフランスのレミーカリア社の革を採用しています。同社はフランスの某高級メゾンにも革を供給するトップグレードのタナリーです。採用されている革は肉厚で柔らかな風合いが魅力。裏面のスエードも滑らかです。シャルル エ シャリュスでは、同社の革をアンラインド(ライニングなし)で使用。アンラインドにすることで、革本来の風合いや感触を存分に味わえます。

シャルル エ シャルリュス工房内

フランスの伝統を堅持するEPV企業に認定
また、使用する革、パーツ、糸にいたるまで、すべてフランス製を使用するというこだわりを持っており、2016年にはフランス政府よりEPV企業として認定を受けています。EPV認定を受けた企業は、フランスの伝統技術を順守し、フランス国内で生産を行わなければなりません。EPV認定書が授与されることは、その分野の中でも価値ある伝統工芸品が、優れた職人技によって今も作り続けている企業として認められた証なのです。

シャルル エ シャルリュス工房内

シャルル エ シャルリュス工房内

フランスの工房で製作。約2〜3ヶ月にお届けします
素材はシュリンクレザー9色、カーフ4色からお選びいただけます。繊細な色合いと柔らかな風合いの上質なレザーは、エレガントな仕上がりをお約束します。

シャルル エ シャルリュス 革見本

シュリンクレザー 9色


シャルル エ シャルリュス 革見本

カーフ 4色


レザーの風合いを堪能したい、シンプルを極めたシャルル エ シャルリュス バッグ。カラーを変えて、パートナーとペアで揃えるのもおすすめです。

 

 

ブランドで探す